就職ベストプログラム★スタッフブログ

特定非営利活動法人スプリングウォーターが主催する、 就職ベストプログラムのスタッフによる活動報告、就職活動体験記をお届け!! 就職ベストプログラムホームページ↓ http://www26.atwiki.jp/sw-syupro/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

就活の軸≠業界?

takuto2.jpg



皆さんこんにちは!
本日のブログは当プログラムで広報を担当しています、
慶応義塾大学の渡辺拓人がお送りします。

オリエンテーションはどうでしたか。
私としては予想以上に興味深い人が多く、
2週間待てなさそうです笑

でも、その前に学校祭の模擬店の運営に心血注ぎます。
みんなきてね☆
とりあえず東京外大ではなく、
【学校祭といえば慶應です】
とだけ言って本題に入ります。


前回のブログでは
「どのくらいエントリーすればよいか」
という質問に対して、
独自の【逆ピラミッド理論】を使用してお答えしました。


では本日は
【比較就活軸論】
における【業界】の絶対性について話をします。

ケースとしては、
「どの業界志望していましたか」
というこれまたよくある質問にお答えします。

この質問をする以上、
その人にとって【業界】は絶対優位の概念のようです。


...そして話を続けて10分もすれば、
「就活での軸って何でしたか」
とこれまたよくある質問が出てきます。

「やっぱり【人】ですか」
「会社の【雰囲気】って大切ですよね」

恐らくこの二つの質問は全く別次元の質問として
就活生はおろか、就活を終えた内定者や社会人ですら、
考えています。

しかし、それは大違い。

...というかね、

すでに志望【業界】を聞く質問を最初にしている以上、
無意識化にその人は【業界】を軸にしています。

つまり、無意識に【業界】という概念を
絶対的なもの(軸と思わずとも)と解釈し、
就活生は同時に「軸とは何か」を悩むという
矛盾をしています。

ここまで言えば【】の意味分かりましたよね?

【業界】も【人】も【雰囲気】も全て同格の概念、
軸になるということ。

公式化すると...
就活生 【業界】>【人】=【雰囲気】
わたし 【業界】=【人】=【雰囲気】

まず、やってほしいことは

 【業界】をまず絶対概念ではなく、比較概念であることを意識すること
 その後にすべての軸を比較すること


ここまでやったあとにやはり【業界】が一番なら
最初の質問をこれからもしていけばよいのです。

しかし、
【業界】<【人】<【雰囲気】とか
【業界】<【人】>【雰囲気】とか
になったら、多分最初にする質問...

変わりますよね!!!

私は紆余曲折しながら、
それ以外に【お金】【将来起業できるか】【仕事のスピード感】なんてのも
ありました。
最終的には【人】>【責任】>【お金】ってとこでしょうか。


「どの業界志望していましたか」
「業界という軸は、大した軸ではなかったね」

PageTop

スタッフの裏側、ちょっとだけ見せます♪

みなさん、こんにちは!慶應義塾大学4年の箱田です。

3年生の皆さんは就活がそろそろ本格化してきたところでしょうか??
私は卒論の執筆や配属先の希望出したり・・・という日常です。

先日オリエンテーションがあり、ついにSPチームが結成されたわけですが
みなさん スタッフがどんな人かまだちょっと分からないと思うので
ミーティング風景を紹介したいと思います!!

翌日に迫ったオリエンテーションの確認をするスタッフ
clip_image002.jpg


委員長と教育リーダーです。

clip_image004.jpg


2人とも熱い人です。
ここに写っているのは4年生ばかりですが
このプログラムには3年生スタッフもいます。

副委員長が勧誘した4人で、
プログラムを運営していく上で
就活生の意見はすごく重要になってくるので
いつもお世話になっています。

スタッフ一同 いよいよプログラムが始まるという事で気が引き締まると同時に
みなさんにお会いできます事を楽しみにしています★

それでは、また本番でお会いしましょう♪

PageTop

就活生スタッフの声~合説っておいしいの?~

murano2.jpg


こんにちは!
教育チームスタッフ村野です。

最近、寒い日が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
就活生はカゼなんてひいてる場合じゃないですよ!

と、言いつつ同じく就活生である私もカゼの兆候を感じ、
ビタミン剤やらを補給しまくっています;

さて、先日、大規模な合同説明会に行って来ました!
気合いを入れて開始時間前に会場に着いたのですが、
すでに多くの就活生が列をなしていました。

黒いスーツの群衆がぞろぞろ・・・不気味!
でも、私もその中の一人なのだと思うと複雑な気持ちに。
こんな光景って日本だけなのでしょうか?

入場する列に並びやっと会場に入ると、中もすごい人!
十分に広い会場なのに人だかりで動けないなんてことも。

今回、私はセミナーの聴講を中心にまわりました。
セミナーの間の時間で各企業のブースをのぞききましたが、
次のセミナーの時間が気になってしまい、
なかなか集中して各企業の説明を聞くことができませんでした。

肝心のセミナーも具体的な業務内容が聞けず、
やや物足りなさを感じてしまいました。

でも、人気企業は個別ブースを出していないからセミナーに参加するしかないし…

一日中会場にいて疲れた割には収穫が少なく、
不本意な結果に終わってしまい残念に思っています。

これからもこういった合同説明会がいくつも予定されているようです。
一日でたくさんの企業を知ることができる良い機会だと思うので、
上手な活用法を知っている方はぜひ教えてください!

今回の経験から確実に言えることは、
合同説明会で大勢にもまれてカゼをうつされないように!
ってことです。
皆さんも気をつけてくださいね。

寒さに負けずに就活がんばりましょう☆



就職ベストプログラム 教育スタッフ
東京外国語大学3年
村野 美里

PageTop

就活生スタッフの声~“ゆうき”を出して~

blogdeguchi2.jpg


こんにちは!!
広報チームの出口です。ブログ書くのは2回目です♪

気付けばもう11月!!本当にあっという間ですね・・・

そろそろエントリーが本格的に始まり、説明会なども
開催されているのではないでしょうか。私も就活生なので、
合同説明会はもちろん、企業の個別説明会にもちょくちょく顔を
出し始めました☆OB訪問もやってみましたよ♪


本当に手探りではあるのですが、就活をしていて最近気付いたことがあります。
それは、「実際に話を聞くことの大切さ」です。


ホームページやパンフレットを見ていても、なかなか
イメージがわかないときってありますよね?

「この会社って結局何をしているんだろう。」

そう思うこともしばしばです。


そんなときは合同説明会で話を聞くと、大分変わってきます。
ここで説明してくださっている会社の方にちょっと質問を
投げかけるだけで、さらに分かることが増えることも実感しました!

直接話しかけるって、勇気のいることです。
私もあんまり得意じゃありません・・・

でもそんな自分の殻をちょっと破ってみると、
ものすごくたくさんのことに気付けることが分かってきました。


あとは先輩に話を聞くのもとってもためになります!
内定者の先輩に話を聞くことも、OB・OGですでに
その会社で働いている先輩に話を聞くことも、
それぞれのよさがあって楽しいです♪

実際にその会社に関わっている人に話を聞くことで、
その会社の社風であったり、自分の働く姿がイメージしやすくなります。


やっぱり人の話を聞くって大切ですね☆


自分から動くことって大事だなぁ~と最近身にしみて思います。
予定はいっぱいで疲れますが、その分得るものは大きいと思います。
私は「フットワークを軽く!」をモットーに就職活動頑張っていきたいです☆

寒くなってきましたが、就活生の皆さん、
体調には気をつけつつ頑張っていきましょう!!


就職ベストプログラム広報スタッフ
東京外国語大学ポーランド語専攻3年
出口有紀

PageTop

面接を楽しむコツ!

bloghasebe.jpg


初めまして!こんにちは☆

教育チームのリーダーを務めさせて頂いている長谷部です!

ES審査も終わり、そしてこの間面接も終わりましたね。

皆さん、緊張せずにありのままの自分を出して、
面接官との会話のキャッチボールを楽しめましたでしょうか?

上にも書いてる通り、面接を通るコツは、

「本当の自分に自信を持って話す」
「会話のキャッチボールを楽しむ」


の2点です。


面接官の方々は、あなたはどういう人間か?ということを
見ているだけなので、作りこまず、リラックスして望んでください~

ちなみに、ぼくの初めての面接は、現在内定している企業の
インターン面接だったのですが、ガチガチに緊張して会話に
なりませんでした(笑)(落ちたことは言うまでもありません・・・)

皆さんは平気だとは思いますが、こうならないように頑張ってください♪



さてさて、話は変わりますがぼくが勤めている
教育チームについてちょこっと説明。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆教育チームって?
今回のプログラム作成を担当している部門です。
参加者にとって最も価値のあるプログラムは何か?
を講師の方と打ち合わせをしながらプログラムを作成します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぼくは昨年もこのプログラム作成に関わっているのですが、
(昨年もスタッフをやってました!)
変わらず思い続けていることがひとつあります。

「プログラムを作ることは、すごく難しい!だけど、すごく楽しい!」

プログラムって、形の無いものですから、それがいいかどうかって
本当にやってみなければわからない。もしかしたら、見当違いの
ことをやっているかもしれないんです。

だけど、そんな目に見えないものだからこそ、様々な形が創造できるし、
価値を付加させることが出来る。それがすごく楽しんです☆


でも、ぼく達が出来るのは、プログラムの土台を作成し、
参加者の方々に提供するところまで。

【完成させるのは、参加者一人ひとりです。】

本プログラムは、講師の方が喋って、それをメモして終わり。
というものとは全く違い、学生本位のプログラムです。

ですから、ご自身でプログラムの価値を、2倍にも3倍にも
高めることが出来ます!!これは、もう楽しんだ者勝ちですね♪


就職活動も仕事もそれと同じだと思います。
自分達の心意気次第でどうにでもなってしまうし、することが出来る。
だからこそ『主体性を持つ』ってことが大切になってくるんですね!


皆さん!これから踏んでいく経験に対して、主体性を持って取り組んで
いってくださいねー!

皆さんに会えるのを楽しみにしています!
それでは、またプログラムで会いましょう☆



*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.

長谷部 朋之
hasebe tomoyuki

就職ベストプログラム 教育チームリーダー
中央大学 理工学部経営システム工学科4年

*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*.*..*.*.*.*.*.*.

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。