就職ベストプログラム★スタッフブログ

特定非営利活動法人スプリングウォーターが主催する、 就職ベストプログラムのスタッフによる活動報告、就職活動体験記をお届け!! 就職ベストプログラムホームページ↓ http://www26.atwiki.jp/sw-syupro/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自己分析を手伝ってくれる、もう一人の自分!?

ebashi.jpg

はじめまして!
東京外国語大学ロシア語専攻3年の江橋彩乃です。
就職ベストプログラムでは教育チームの3年スタッフとして活動しています。

11月15日(土)のオリエンテーションを担当しています。
参加者のみなさんが初めて顔を合わせる機会なので、ぜひ参加してください☆


さて、スタッフといっても私も皆さんと同じ就活生です。
まだ就活に関してはまだ右も左もわかりません。

エントリーシートも、このプログラムの応募で書くのが
初めてで、とても苦労しました。

自分の性格、ましてや将来のコトなんて自分でもはっきり
わかっていないのに、それを文章にしなきゃならないなんて、
本当に難しいことです。


どうしよう書けない…と悩んだ時に、ひっぱり出してきた過去の日記。
これが意外に役に立ちました。

私の日記には、過去に自分がやったこと、自分の気持ち、悩み、
反省、などなど、嬉しいことから悲しいことまで、あらゆる感情がつづられています。

日記は自分の人生の記録です。私物語です。
たとえば、特に記録するほどでもない平凡な一日もあります。
でもそんな日でも、人生に一度しかない大切な日です。

私は今大学の部活動で茶道をやっているのですが、
茶道に世界でよく言われる、「一期一会」という言葉。
私の大好きな言葉で、座右の銘でもあります。

「一期一会」= 一生に一度限りであること。
今日と似た日はまたやってくるかもしれません。
でも今日と全く同じ日は二度とやって来ない。
だから一日一日を大切に生きようと思います。
今日会った人とはまた明日も会うかもしれません。
でもその人は昨日と全く同じ人ではありません。
だから一日一日の出会いを大切にしようと思います。

話が飛躍しすぎましたが、つまり何を言いたかったのかというと、
残り少ない学生生活なのだから、一日一日を大切に過ごしたい☆
日記をつけることは、次の日をハッピーにしてくれるかも♪ということ。

それでは今日もあなたの一日がハッピーな一日でありますように♪


..:*:.。..。.:*・゜・*:.。..:*:・゜・*:..:*:.。:....:*:..

東京外国語大学ロシア語専攻 
江橋彩乃    
就職ベストプログラム教育スタッフ

.:*:.。..。.:*・゜・*:.。.*:.。..:*:・゜・*:..:*:.。:....

PageTop

就活生スタッフの声~残り少ない学生生活~

yokota.jpg

こんにちは!!!そして、初めまして。
就職ベストプログラム 教育チームの横田です。

私も皆さんと同じ就活生です。

前期の間はほとんど就活の話なんて出なかったのに、
今では学校中が就活の話で持ち切りなのではないでしょうか!??


私の学校でも放課後にはガイダンス・企業説明会などが行われています。

そんな中で私は今何をやっているかというと・・・・

サークルの運動会、ゼミの討論大会に向けて毎日ミーティングなどをやっています。
「そんなことをしていていいの??」と周りにもよく言われます。

確かに私もふと我に返ると周りでみんな就活やっているのに
大丈夫なのかな・・・という気持ちになります。

でも最近思うことは・・・


実は学生生活って残り一年半しか残ってない

ということに気付きました。


きっと運動会・学祭とかゼミの大会なんて学生時代にしかできないんじゃないでしょうか?

またそれらに向けて頑張ったことが就活に生きてくるのではないか

こんな風に考えて、就活はもちろん限られた学生生活も頑張ろうとしています。


学生生活も就活も皆さん一緒に頑張りましょう!!
プログラムで皆さんとお会いできる(飲める笑)ことを楽しみにしています。


明治大学 3年 
経営学部 会計学科 
横田 祐樹

PageTop

エントリーの【逆ピラミッド理論】

Takuto.jpg


皆さんこんにちは!
本日のブログは当プログラムで広報を担当しています、
慶応義塾大学の渡辺拓人がお送りします。

ES締切直後から、都内(ではない)某所で選考を行っています。
結果は近日中にお伝えしますから、お待ちください。

当然今日のテーマはESとお思いでしょうが、
敢えて外して、本日はよく耳にする

「どのくらいエントリーすればよいのか」

にお答えしようと思います。

これを説明する際は、いつも私自身が考えた理論で説明します。

その理論とは、
【逆ピラミッド理論】
といいます。
これは何でしょう?

上のような質問をしながら大抵の人は、この時期に
「業界順位」や「ブランド」で縛りをかけた上に、

「商社も5大商社以下はプライドが許さない」
「私は外資以外行かない」


と言って現状で極端に企業数を減らしてしまいます。

これが【逆ピラミッド】の一番細い部分に当たります。
つまりエントリー数がその人の就活時期において
一番少ない状況です。

しかし、この状態でそのまま上手くいく人はごくわずか。

ほとんどの人が、いざ3、4月になると持ち駒が少なくなり、
いままで変なプライドで見てすら来なかった
「その人の勝手な解釈で下に見ていた会社」
に急にエントリーを増やします、焦りから。

この状態が最も【逆ピラミッド】の太い部分です。
つまり最初は極端に絞っていたエントリーが、
本番期に急激に伸びる状態を指しています。

どうも就活生は勘違いをするのですが、
「エントリー数と内定数は比例する」と考えています。

この二つには因果関係はおろか、相関関係すらありません。

直前にろくに調べず、ましてやいままで食わず嫌いとはいえ
劣位に見てきた、興味を持たなかった企業を増やしたところで…

「勝負見えてますよね?」

だから!!!

今皆さんにやってもらいたいことは
「この逆ピラミッドを正常な形にひっくり返してもらうこと」

まだ就職活動全般における本番期までに時間があるこの時期に、
「とにかく食わず嫌いせずにあらゆる業界、職種に触れる」
ことをしてもらいたい。

今エントリー数を最大にして、本番の3、4月に
むしろ本気で受けたい企業に絞って本番を迎える。

どれも興味を持ち、下調べもしている企業だから、
少なくても上手くいく。

「プライド」や「周りの目」が気になるでしょうが、
今は「絞る」のではなく、「増やす」時期です。

以上が【逆ピラミッド理論】です。

皆さん頑張ってくださいね。
今回ESで合否はついてしまいますが、
両者フィードバックを熟読して、次に備えてください。

今日はこの一言で締めます。
~減量は試合前のみ、今は試合を戦うために体重を増やしましょう!!~

..:*:.。..。.:*・゜・*:.。..:*:・゜・*:..:*:.。:....:*:..

慶應義塾大学 
渡辺 拓人    
就職ベストプログラム広報スタッフ

.:*:.。..。.:*・゜・*:.。.*:.。..:*:・゜・*:..:*:.。:....

PageTop

ES締め切り迫る!!&面接に関して

arata.jpg



はじめまして 本プログラムの副委員長をしています東京外大の河原です。

現在、これを見ている皆さんは、

「締め切りが迫っているけど自分のESが大丈夫か不安」

「面接ってやったことないけど、どんなこと聞かれるのかなあ?」

なんて考えているかもしれません。

実際私も、去年本プログラムを受けるにあたってそのようなことを感じていました。
そもそも、プログラム自体知ったのも某SNSのm○xiのダイレクトメッセージで締め切り前日でしたけどね(笑)

当時はESを書くこと自体初めての経験でしたけど、前回ブログの広報の阿部が言っていたように
素直に書きました。今になって当時のESを見てみると、構成もバラバラだし誤字もあって洗練されていないな~って痛感しますね。 でも、結局はそのはじめてのESに書いたことが今の自分の「核となっていたんだなあ」
と就活を終えた今は感じています。

去年の選考の形式は個人面接だったのですが、1対1で15分、プロの面接官が見てくださいました。面接もまた初めてで緊張しましたが、聞いてくるほうがプロなので素直に答えられました。

今年の面接の形式は秘密です。去年より緊張感が出る形式かもしれません。楽しみにしていてくださいね。本プログラムでお会いできることを楽しみにしています。

ESは完全じゃなくてもいい、そのかわり「想い」を伝えてくださいね♪



東京外国語大学  
外国語学部 ロシア語専攻4年

河原 新(就職ベストプログラム副委員長)

PageTop

ES作成のコツ!!

abe.jpg

こんにちは!
広報部門の阿部麻理子です。

先日の説明会では、たくさんの方々にお越し頂き、ありがとうございました!

プログラムの準備をし始めてから早4ヶ月が経ちましたが
就活生のみなさんとイベントでお会いするのは
初めてだったので、とてもうれしかったです^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、今日は10月16日。ESの提出まであと2日に迫りました!!
そこで、"ES作成のちょっとしたコツ"を2つ紹介したいと思います。

① ありのままに

ESを書くのは今回が初めてな方も多いのではないでしょうか。
私もESデビューはちょうど昨年度プログラムへの申し込みの時でした。

だから初めて取り組んでるみなさんの気持ち、よくわかります。

もしうまく書けなくて悩んでいたら、「うまく書こう→すなおに書こう」という
気持ちにシフトしてみてください。
当時の私は、ES=自分を立派に見せるものだと思い、背伸びして書いてました。
でも、就活を通して気付いた大切なことは、ありのままに自分を表現して
一生懸命さを伝えることです。ぜひ、ありのままの人柄で臨んでみてください◎


② 「なぜ?」を大切に

ESを書いていて、手が止まってしまったら・・・
いま書いている、書こうと思っている事柄を深く掘り下げてみます。
その方法は簡単◎ 「なぜ?」と、自身に問いかけることです。
そうして掘り下げていくと、事柄の原点が見えてくるかもしれません。
また、理由(=原点)がしっかりしていると、説得力が増しますよね◎

偉そうに書いてしまいましたが、みなさんのES作成に少しでもお役に立って
就活のスタートダッシュを一緒にできればと思います。

みなさんと11月の面接でお会いできるのを楽しみにしています!             
   
   ☆ ESファイト ☆


東京海洋大学 海洋工学部4年
阿部麻理子

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。